本文へスキップ

東京都防衛協会は、防衛意識の普及高揚を図るとともに、自衛隊を激励支援してその充実発展を助長し、わが国の平和と繁栄に寄与することを目的とした民間の組織です。

TEL. 03-6280-8427

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

活動最前線!地区防衛協会コーナ

創刊号(28.10.01) 第2号(29.01.01) 第3号(20.04.01) 第4号(29.07.01)
第5号(29.07.01) 第6号(29.10.01) 第7号(30.01.01) 第8号(30.04.01)
第9号(30.07.01) 第10号(30.10.01) 第11号(31.01.01)   
号 数 掲載地区防衛協会(五十音順)
 第11号 荒川区・北区・杉並区・東久留米市・瑞穂町
第10号 あきる野市秋川地区・清瀬市・国立市・豊島区・三鷹市
第9号 世田谷区・立川市・練馬区・武蔵村山市
第8号 昭島市・江戸川区・檜原村・武蔵野市
第7号 板橋区・小平市・西東京市・東村山市
第6号 北区・狛江市・日の出町・目黒区
第5号 昭島市・国立市・千代田中央区・瑞穂町
第4号 奥多摩町・清瀬市・渋谷区・豊島区・武蔵村山市
第3号 あきる野市五日市地区・世田谷区・八王子市・東村山市・福生市
第2号 板橋区・品川区・西東京市・羽村市・三鷹市
創刊号 青梅市・狛江市・杉並区・立川市・日野市・武蔵野市
東京都防衛協会会報第11号(31.1.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
自衛隊荒川区協力会

     始めまして 自衛隊荒川区協力会です

 平成30年8月6日付けにて入会させて戴きました自衛隊荒川区協力会です。ご挨拶方々、協力会の概要について紹介させて戴きます。
 設立は昭和62年6月26日で会則の目的には青少年の健全育成と日本の平和と共に発展を掲げています。
 具体的には東京地方連絡部(現東京地方協力本部)と第1普通科連隊を支援の核としています。
 会員は現在31名(内女性会員7名)で事務負担を考慮して35名は超えない事としています。現在の会員構成については税理士10名、税務関係団体10名、保護司11名となっています。平均年齢は65.2歳。特に区長には特段の配慮を頂き顧問を了承して戴いております。
 少数の割には地域において多方面に亘り活躍されている会員が多く「少数精鋭」を自負しているところです。 又、総会(5月)には地本の関係の方から、年末には第1連隊の方からの防衛講話をお願いしております。そして毎年1回は施設研修をしています。
 因みに写真は平成30年7月6日に行われました、海上自衛隊横須賀基地に於ける体験喫食、その後の第2術科学校研修時の集合写真です。
 今後、新入会員として協会の行事に参加させて戴きながら、協会の規約の目的に即した活動をすべく会員一同、志一にして参る所存ですので、何卒ご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げ紹介並びにご挨拶とさせて戴きます。
                                 会長 片岡正光

    
            海上自衛隊横須賀基地にて
北区防衛協会

 平成30年の北区防衛協会はFacebookによる自衛隊及び協会活動広報、並びに各種イベント参加を中心として活動しました。

   1月11日 練馬駐屯地 成人式・賀詞交歓会
   1月22日 東京都防衛協会 防衛講演・新年交歓会
   2月20日 東京都防衛協会理事会
   2月28日 東京都防衛協会 女性部会総会
   3月8日 北区自衛隊入隊・入校予定者激励会
   (3/21 東京王子ロータリークラブ 海上自衛隊 江田島視察研修)
   4月6日 東京都防衛協会 事務局長会議
   4月8日 第1師団創立56周年・練馬駐屯地創設67周年記念式典
   4月10日 北区募集連絡協議会 定期総会
   4月19日 北区防衛協会 運営委員会
   5月16日 東京都防衛協会 定期総会
   6月19日 東部方面音楽隊 定期演奏会
   7月6日 東京都防衛協会 女性部会「習志野研修」
   7月20日 十条自衛隊 盆踊り大会
   7月25日 練馬駐屯地 納涼祭(参加・協賛)
   8月23日 陸上自衛隊 富士総合火力演習視察
   8月26日 陸上自衛隊 富士総合火力演習視察
   9月2日 第1音楽隊コンサート
   10月5日 十条駐屯地創立59周年記念祝賀会
   10月14日 自衛隊中央観閲式
   11月9日 第1師団東京都殉職隊員追悼式
   11月18日 東京地方協力本部 創立62周年記念行事
   11月21日 女性部会全国大会
   11月23日 自衛隊音楽まつり
   12月20日 十条駐屯地年忘れ行事

 平成31年は北区防衛協会として独自企画による視察研修を開催したいと考えています。
                     会長 小俣雅宏

    
       第1師団創立56周年・練馬駐屯地創設67周年記念式典
杉並区防衛協会

 杉並区防衛協会は設立以来、自衛隊の応援団としての諸活動を進めてきました。
 その活動も会員の円熟度を増すたびに、自衛隊の実施するイベントに参加する活動へと変化しています。
 過去に自衛隊は50人程度の会員を受け入れてくれたのですが、残念なことに現在では最低の人数の受け入れ、そしてわずかなチケットの配布状況。希望しても会員の参加が限られている状況です。 
 平時から日本国の防衛という崇高な任務に活動している自衛官の生の姿に接してみたい。当会員の現実の声です。
 世界情勢がめまぐるしく変化している現在なので、自衛隊も様々な変化をしています。その変化を身近に感じることができるとしたら、なんとすばらしいことでしょう。
 現実では災害時に杉並区を担当している部隊との接触もほとんどありません。これは大きな問題です。確かに訓練で忙しいかも    知れませんが、今一歩、その垣根を取り去る行動を進めて行きたいと思います。
                         会長 川元賢一郎

       
           東京都殉職隊員追悼式参列
東久留米市防衛協会

 11月10日・11日に、毎年恒例当協会の主要事業である市民への防衛意識の普及のため国分寺募集相談所のご協力をいただき、多くの市民が集う場所「東久留米市民みんなのまつり」で市民の方に、自衛隊に関心を持っていただくために、自衛隊グッツの販売・パネル展示・隊員募集支援コーナーを設けて、市民との交流活動をしました。
 最近では、会員自身が自衛隊の見識を深めるため、女性部会員・青年部会員を中心に「3月13日(火)東京都防衛協会主催百里基地見学」・「5月20日(日)八王子市防衛協会主催静浜基地航空祭見学」・「6月28日(木)東京都防衛協会青年部主催下志津駐屯地見学」・「7月6日(金)東京都防衛協会女性部主催習志野駐屯地見学」・「8月23日(木)当協会主催富士総合火力演習予行見学」に参加しました。
 市民との対話の中で「自衛隊が何であるか」認識してもらえるよう会員が学ぶ機会を作り、特に現地見学時に隊員の方たちと話を積極的するよう心がけています。
 今後とも、当協会の運営に対しまして何卒ご指導賜りますようお願いいたします。
                             会長 佐藤嘉正

       
           市民で賑わう募集支援コーナー
瑞穂町防衛協会

 瑞穂町防衛協会は、昭和52年に発足し、現在は吉岡 忠 会長を筆頭に会員214名で構成されています。
 我が町には、米軍横田基地があり、行政面積の13パーセントを占めます。
 平成24年に同基地内に航空自衛隊横田基地が新設され、航空総隊司令部等運用が開始された事で、自衛隊の活動が、行事等を通して、より身近に感じられます。そこには防衛協会の根源を認識する環境があると思います。
 事業では、町の産業祭において、福生募集案内所に協力し、ブースを設けています。平成30年は11月10〜11日に開催されました。その他、視察研修や西多摩共同の入隊者激励会等の実施です。
 また、災害派遣等で実務経験を重ねた元自衛官は住民にとって心強い存在です。町では平成30年4月に危機管理官として元副連隊長・師団司令部幕僚の亀山 淳 氏を招請しています。私たち協会も側面より応援できればと思います。
                                 事務局長 古宮郁夫

    
          福生募集案内所員とともに
東京都防衛協会会報第10号(30.10.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
あきる野市秋川地区防衛協会

 あきる野市秋川地区防衛協会は5月13日(日)、あきる野市のルピアホールに於いて第51回定時総会並びに創立50周年記念式典を開催しました。
 定時総会は冒頭、平成29年12月18日に79歳でご逝去した前会長の石井一氏への黙とうが行われました。
 定時総会では、役員の選定を行い、空席であった会長に山口事務局長を選任し、平成29年度事業報告、決算報告、平成30年度事業計画・予算(案)について審議を行い、原案通り承認されました。
 総会終了後、あきる野市秋川地区防衛協会は、昭和43年11月23日に設立しましたので創立50周年記念式典を開催し、市長、議長、衆議院議員、都議会議員、第1施設大隊第1中隊長、福生募集案内所長、東京都防衛協会、周辺防衛協会の方々を来賓としてお招きし、第2部では、長谷部副隊長指揮のもと陸上自衛隊第1音楽隊の素晴らしい音楽演奏が実施されました。
 今後につきましては、「防衛意識の普及・高揚」「自衛隊への支援・協力」を目的として、前会長の意志を継承して事業の推進を図って参ります。
                                  会長 山口幸男

       
             鏡開きを行う山口会長・来賓
清瀬市防衛協会

 清瀬市防衛協会は平成元年4月に当時会員数180名にて発足いたしましたが、以来29年余りその間会員も高齢化が進み、また、諸事情により退会者の増加を余儀なくされ財政的にも運営が下降気味の状態でした。
 そのような中、当協会の継続的打開策として、会長以下役員で当会の目的である防衛意識の普及と高揚を訴え、更には適格な理事を選出するなどに取り組んでまいりました。
 会員の防衛意識の向上と親睦を図るために、昨年(29年)5月31日に当会員17名とともに入間基地を訪問し、航空機及び修武台記念会館を見学することによって、自衛隊に対する理解の深化と防衛意識の更なる高揚が図られるなどの良い感触が得られたと思います。 今後も富士火力総合演習ならびに自衛隊音楽まつり(武道館にて開催)などの行事へ参加するとともに地区活動を充実して、次世代を担う会員の研鑽を図りたいと思います。
 会員の減少とともに財政的には厳しい状況でありますが、業務の効率化および経費の節約に努力し、現在会員数は108名ですが、今後も一層会員の増強に努めたいと思います。
事務局長 小川公彦

      
               航空機をバックに記念撮影        
国立市防衛協会

 国立市防衛協会は昭和50年12月に発足し、他の協会が実施していない独自の行事などを形で残してきました。  主なものをあげると、@昭和53年、東京地方連絡部の新庁舎落成記念に会員・小柳種世画伯の『富岳』100号絵画の寄贈、A東立川駐屯地に『おおむらつつじ』500本の植栽、B101測量大隊の40周年記念モニュメント建立の資金協力、C体育館の落成記念に第56代防衛庁長官・玉澤徳一郎氏の揮毫額贈呈、などです。
 また現在も継続している事業の一つが防衛協会のPRを兼ねた『自衛官募集』の大型看板設置で、現在市内20カ所に建てており、それなりの効果をあげています。
 もう一つは若い隊員の激励会で、会員の忘年会を兼ねて東立川・立川両駐屯地と府中・立川分屯両基地からそれぞれ隊員2名ずつを招待し、激励とともに記念品を贈呈して、会員とのコミュニケーションを図り好評を博しています。

      
              『自衛官募集』の大型看板
豊島区防衛協会

              
                 吉村辰明会長

 我が国は、国際情勢が激変する時代にあって国際社会と手を携えながら、平和国家としての歩みを、更に力強く進めてきました。 
 「国民のための自衛隊」創設以来この確固たる理念とその身を持って、実践されている隊員の皆様に、改めて敬意を表する次第であります。
 戦後、平和国家の道を歩んできました。そこには隊員諸君の存在があったればこそ、国民は、平和と繁栄を享受することが出来ます。
 私どもの命と平和な暮らしは、間違いなく、彼らの献身的な努力によって守られています。これらの任務を、高い使命感と責任感で全うする自衛隊は日本国民の誇りであります。
 そして、大切な伴侶やお子様、ご家族を隊員として送りくださっている皆様に心から感謝申し上げます。
 彼らがしっかりと任務を遂行できるよう、私ども防衛協会も万全を期することをお約束いたします。 

三鷹市防衛協会

 去る7月14日〜15日、三鷹市防衛協会では三鷹市役所敷地内で開催された「第41回 みたか商工まつり」に参加しました。これは当会にとって初めてのイベント出展です。
 当日は西東京地域事務所のご協力を頂き、自衛隊のPRと募集活動を行いました。制服や迷彩服を着て写真撮影をするコーナーや、グッズがもらえる「自衛隊クイズ」などを実施して、小さなお子さんから大人まで大勢に楽しんでもらえました。
 三鷹市では総合防災訓練でさえ数年前にようやく自衛隊の招聘が実現するなど、自衛隊と市民との距離は決して近くはないと思います。今回のような市内のイベントに自衛隊が参加してくれることにより、「市民にとって身近な自衛隊」になり、「三鷹市は自衛隊と共にある」ことが当然のようになって欲しいと考えます。
 次回出展予定は9月23日の「国際交流フェスティバル(会場・井の頭公園西園周辺)」。 今後も市内イベントに積極的に参加をしていきたいと思います。
                                事務局長 渥美典尚

 
   鏡の前でポーズ!         西東京地域事務所の皆さん

東京都防衛協会会報第9号(30.7.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
世田谷区防衛協会

 世田谷区は東京23区の南西部に位置し、平成30年4月現在の人口は90万人を超え、近いうちに百万人を超えると言われております。 世田谷区防衛協会は創立6年の若い協会ですが、目的を明確に協会活動に取り組んでいます。
 東京都防衛協会に協力し「自分の国は自分で守る!」意識の啓蒙、又、自衛隊員が警察官と同じように街中を制服で歩く事が出来る環境作りを進めてまいります。
 活動内容は、30年1月20日に新年賀詞交歓会を自衛隊幹部の皆様、若宮前防衛副大臣、その他、来賓の方々を多数お招きし本年の活動を再確認、名刺交換等を行い親睦を深めました。毎年6月には定期総会を実施し、総会後には講演会、懇親会等を行い更なる親睦を深めております。   
 世田谷区独自の研修は、30年3月22日にバスを貸し切り、海上自衛隊館山航空基地に行って来ました。先方の広報の方、幹部隊員の方、非常に親切に説明をして頂き、参加者全員が満足しておりました。
 当協会の会員数は約120名ですが、現在、各議員の入会募集を行い始め、更なる会員数増大を目指しております。  
                                事務局長 森 昌彦

       
立川市防衛協会

 滝島会長及び役員15名が平成30年2月20日、東立川駐屯地内に所在する防衛装備庁航空装備研究所及び航空中央音楽隊(正確には同駐屯地内にある航空自衛隊立川分屯基地に所在)を研修・見学しました。
 午前11時より14時まで研究所江原調整官、宮田分析官より概況説明、特殊機整備場・航空機システム研究概要等及び展示品の説明(将来戦闘機・無人機)がありました。
 途中昼食をはさんで、航空装備研究所の概要及び自衛隊航空中央音楽隊の練習会場において音楽隊全員による熱のこもった練習を見学しました。ほんとうによい勉強になりました。今後益々のご活躍をご期待申し上げます。
 今後この部隊研修の成果を各11支部の活動に、又、女性部・青年部活動の推進につなげたいと思っています。
 航空装備研究所長様、自衛隊航空中央音楽隊長様、ご協力本当に有難うございました。
 東立川駐屯地平山広報班長様、ご案内・ご協力厚くお礼申し上げます。
                                事務局長 谷由美

       
練馬区防衛協会

 練馬区防衛協会は昭和37年に発足し、平成24年に50周年の祝賀会を行なう等、歴史を重ね、自衛隊を支える活動も本年で56年となります。
 自衛隊に係る、世界情勢に目を転じれば、各地で頻発する地域紛争や、緊迫の度合いを増す近隣諸国間との問題など、国民から自衛隊に対して求められる役割がますます高まっております。
 最近特に緊張を増している我が国の安全保障環境の中において、本来の任務に加え、国際平和協力活動や震災などの災害発生時の迅速な対応で、国民の皆様に、自衛官は安心を与え、感謝されております。
 このように、自衛隊への信頼と期待は大きく、私達は、諸先輩方から受け継いできた『防衛意識の高揚、自衛隊の活動への支援・協力』を、更に発展させねばと感じております。
 駐屯地司令や師団長等をお招きしての講演会など、駐屯地との深い関わりは地元だからこそであり、これからも自衛隊の果たす役割を支えてまいります。
 東京都防衛協会に所属する、各地の防衛協会の活発なる活動を祈念申し上げます。
                                 会長 村上悦栄

 当協会は 平成27年、木場陽介会長就任と同時に今までの脆弱な組織を再編し、元市議・現市議らの加入、役員の増員と組織拡充を行う等出直しを計り、先ず優先事項として「会員増強」を目標とし、多方面に会員募集活動を積極的に行い現在140名が登録しています。 160名に向けて引き続き進めています。
 ここで最近の活動状況を紹介します。
 平成29年8月、「富士総合火力演習」を研修するとともに河口湖・北原ミュージアムを見学する等会員相互の親睦を図ることが出来ました(マイクロバスを使用しました)。
 平成29年10月、武蔵村山市デエタラ祭りにおいて、初めての試みとして当協会のPR(会員勧誘)活動を実施しました。
 平成30年5月、「定期総会」開催、藤野武蔵村山市長はじめ多くのご臨席の皆様からご理解とご支援のご挨拶を頂きました。引き続き野澤東京地本立川出張所長から「防災について」と題する講話を頂くとともにご来賓を交えて懇親会を実施し、意義深い懇親会になりました。      
 これからも自衛隊の応援団体として取組んで参りたいと思います。
                                事務局 倉持 守

       
                   河口湖 北原ミュージアムにて
武蔵村山市防衛協会

 当協会は 平成27年、木場陽介会長就任と同時に今までの脆弱な組織を再編し、元市議・現市議らの加入、役員の増員と組織拡充を行う等出直しを計り、先ず優先事項として「会員増強」を目標とし、多方面に会員募集活動を積極的に行い現在140名が登録しています。 160名に向けて引き続き進めています。
 ここで最近の活動状況を紹介します。
 平成29年8月、「富士総合火力演習」を研修するとともに河口湖・北原ミュージアムを見学する等会員相互の親睦を図ることが出来ました(マイクロバスを使用しました)。
 平成29年10月、武蔵村山市デエタラ祭りにおいて、初めての試みとして当協会のPR(会員勧誘)活動を実施しました。
 平成30年5月、「定期総会」開催、藤野武蔵村山市長はじめ多くのご臨席の皆様からご理解とご支援のご挨拶を頂きました。引き続き野澤東京地本立川出張所長から「防災について」と題する講話を頂くとともにご来賓を交えて懇親会を実施し、意義深い懇親会になりました。      
 これからも自衛隊の応援団体として取組んで参りたいと思います。
                                事務局 倉持 守

       
                   河口湖 北原ミュージアムにて

東京都防衛協会会報第8号(30.4.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
昭島市防衛協会

 昭島市防衛協会は昭和43年10月に発足し、今年50年目を迎えます。 特に今年は、当協会の創立50周年記念式典を平成30年6月2日に「フォレストイン昭和館」で開催することになり、現在運営の準備に奔走しています。
 東京都防衛協会や各駐屯地の司令の皆様や、近隣防衛協会の皆様、ご支援を頂いています賛助会員の皆様もご招待し、役員も含めて成功裏に開催できることを祈念しております。
 去る1月20日に役員の新年会を昭島の市民交流センターで開催致しました。尚、今年は50周年の記念式典があるので関係各位の皆様をご招待せずに実施させていただきました。今後とも当協会にご支援を賜りたく宜しくお願い致します。
 新年会の前に恒例の役員会を開催し今年の会員増強目標や、50周年記念行事の詳細について討議を行い承認得ました。 
 新年会では、中島会長より50周年記念式典に向けて頑張ろうとの年頭のご挨拶を頂き、特別に表敬訪問をしていただいた衆議院議員の井上信治先生の乾杯の音頭で和やかのうちに会は進行し時間の経過も忘れるうちに閉会となりました。
  尚、今年から当協会は東京地方協力本部立川出張所や自衛隊家族会の皆様と連携し「昭島くじら祭り」や「昭島産業祭り」の会場で、自衛隊入隊者募集の支援活動に本格的に参加させて頂く予定です。
                              事務局長 大野義孝

          
                 昨年の総会で挨拶する中島会長
江戸川区防衛協会

 当防衛協会は、自衛隊の任務を理解・認識し隊員募集に協力すると共に防衛思想の意識高揚に努めることを目的としております。
 具体的な年間活動としては、2月には新年会を実施、衆議院議員、都議会議員、区議会議員、自衛隊城東地区隊長の方々を来賓としてお招きし、1年間の活動のあり方等を、各会員、親睦を図りながら懇談、検討しております。
 6月には、定期総会を実施、前年度の事業報告、会計報告、当該年度の事業計画等を審議しております。
 9月には、北葛西地区合同防災訓練に自衛隊新小岩募集案内所の協力を頂き、災害派遣活動、国際平和維持活動の写真パネル、隊員の災害派遣活動携行装備品の展示と募集パンフレット、記念品グッズの配布を頂き、参加者からは自衛隊の活動への理解が深まると好評を頂いております。
 又、年に7回程度役員会を実施、自衛隊新小岩募集案内所の所長ならびに広報官にも出席を頂き、各種行事の案内、実施された行事の報告等、役員間の情報の共有、意思の疎通を図り、会員への情報伝達に漏れのないよう、徹底を図っております。
 当防衛協会は2019年に創立50周年を迎えますが、近年は会員の高齢化が進み減少傾向にあり、現在会員数は70名となっております。
今後の課題としては、若い人への入会勧誘を積極的に行い、会員数の増加を図ることと考えます。
                             事務局長 中川和俊

         
                    新年会で挨拶する石田会長
檜原村防衛協会

 檜原村は、東京都の西端に位置し、大部分が秩父多摩甲斐国立公園に属した自然に恵まれた緑豊かな森と清流の村です。
 東京都で唯一、日本の滝百選に選ばれている「払沢の滝」や都天然記念物の「神戸岩」が観光地として年間を通し賑わっています。
 檜原村防衛協会は、昭和52年に発足し現在会員数は153人となっています。中山間地域である檜原村は、少子化が進み新規入会者は少なく会員数は年々減少傾向にあります。さらに会員の高齢化が進み、主な活動は総会時に行う視察及び見学のみとなっているのが現状です。
 このような状況においても年一回の総会を兼ね、陸・海・空・各自衛隊関連施設の視察や、迫力ある富士総合火力演習の見学を行い会員相互の親睦を図っています。
 今後も、自衛隊関連施設の視察及び見学を実施することによって自衛隊の必要性、組織力のすばらしさ、また、自衛隊を身近に感じられる良い機会となっていますので継続的に実施していきたいと考えています。
                            事務局長 坂本政人

         
                        移動総会
武蔵野市防衛協会

 我が武蔵野市防衛協会は、平成14年に設立し、本年16年目を迎えました。そして平成20年に青年部を、平成23年に女性部を創設し活動しています。
 『防衛意識の高揚』を図るため、平和と防衛について考え行動するを目的に「日本の安全、安心、平和」に関心をもって市民の立場から広く防衛意識の普及高揚を図るとともに自衛隊を激励してその充実発展に寄与するような広範な活動をおこなっております。
 平和に寄せる思い・・世界各地でテロや紛争のニュースを耳にしない日はありません。平和への思い、平和を後世に伝える取り組み「平和」を、様々な角度から種々取り組んでまいります。
 平和と安全・安心を守るために日夜努力している自衛隊の活動を支援すること、私たちのできることは何か?どうしていくべきか? 日本の国防、そして私たちの安全・安心への学びを推進していきたいと思います。

 このような中、目的を実現させるための具体的な事業活動に取り組むこととし、
@自衛隊の行動支援、
A募集援護協力、
B部隊見学等の実施研修、
C諸講演会等の実施参加、
D友好諸団体との連携協力、
Eその他諸目的を達成するための事業活動

・・・等、時局にあった事業を実施しています。
                            事務局長 森田晴雄

東京都防衛協会会報第7号(30.1.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
板橋区防衛協会

 私達板橋区防衛協会会員は、会員約210名、様々な職業を持ち、いろいろな立場の方々、内女性会員も30名程おり、アットホームな協会です。
 主な行事として、陸上自衛隊練馬駐屯地を通じての創立記念日・納涼祭、富士総合火力演習・観閲式・音楽まつりと、年間を通じ大体決まっておりますが、総合火力演習については、毎年、観光バス1台約40名を連れていけているところです。 
 また、板橋区で実施する、区内各地区の中から一地区を選んで年一回実施する「板橋区重点地区総合防災訓練」に参加しています。 
 坂本板橋区長隊長の下、区危機管理室の実施で、今年は第1普通科連隊に出動して頂き、災害時の炊き出しを実演して頂きました。地区の出動人数約600名のカレーライスを作っておいしく頂きました。東京地本北地域事務所もブースを張り、災害活動の写真パネルも展示して、自衛隊をPRしました。
 我々がこの防災訓練に参加して18年になりますが、とても良い経験になるとともに協会の例年予算の中から板橋区に災害支援金として毎年寄付させて頂いています。
 安全・安心という言葉が多く出ている昨今ですが、備えあれば・・というようにこれからもさらに自衛隊の皆様を側面から応援しつつ、皆さんと協力し合っていきたいと思います。
                                 会長 瀬尾正弘

     
                 富士総合火力演習参加者一同
小平市防衛協会

 陸上自衛隊小平駐屯地創立63周年及び小平学校創立17周年記念行事が平成29年11月18日に行われました。当市防衛協会は共催者として協力しています。
 当日は、午前中から雨という予報は当たらなかったものの、冬到来の寒さの中、多くの参会者が続々と式典会場に集いました。
 会場内は、参会者及び隊員総勢約770名の中、各部署ごとに隊員が整列し、それぞれの指揮官のもと、一糸乱れぬ一挙手一投足に凛とした空気が漲る中、11時15分開式。駐屯地司令(兼ねて小平学校長)工藤天彦陸将補の式辞で始まりました。
 来賓として、今年の衆議院議員選挙における小選挙区で当選された地元選出の松本洋平議員、比例代表で当選された末松義規議員、それと今年は嘗て小平学校で語学教育等でお世話になったという、佐藤正久参議院議員が臨席され、各議員からお祝いを兼ねた挨拶がありました。
 式典終了後の祝賀会食においては、工藤学校長のユーモアを交えた挨拶に続き、川里春治会長の共催者としての挨拶等があり、小平駐屯地OB会の清武会中村会長の乾杯で祝宴に入りました。  隊員を含めて約360人の参会者はそれぞれ和気藹々の歓談のうち、最後は、精鋭3名の隊員のリードで小平学校の校歌を合唱し、小平隊友会有村会長の締めの挨拶で今年も盛会裡のうち、無事にお開きになりました。  なお、記念式典の前に別室において、当市防衛協会理事と清武会理事の各1名に対し、工藤司令より陸上自衛隊小平駐屯地への協力に対して感謝状を賜りました。 
                             広報部長 磯野政雄

      
      小平駐屯地創立63周年及び小平学校 創立17周年記念式典会場風景
西東京市防衛協会

 本市防衛協会は、昭和56年に「保谷市防衛協会」として発足し、防衛意識の普及高揚を図ると共に、市民まつり・防災訓練・部隊見学などへの参加を通じ、自衛隊の激励支援を行い、以って我が国の平和と繁栄に貢献すべく活動して参りました。
 この度当協会では、自衛隊支援事業の一環として、本年度、自衛官募集のための看板製作費を予算計上し、完成した看板を8月30日に西東京地域事務所に寄贈しました。
 看板は全部で13枚で、制作にあたっては、地域事務所の担当者から要望を聞き業者に発注、材料はアルミ製(縦60p、横80p)となっています。
 これらの看板について、同事務所では、市内20数箇所の既設のうち一部老朽化しているものから順次付け替え(更新)を行うとしています。
 また、新設を計画する場所は、出来るだけ人通りが多い、周辺に高等学校や大学がある通学路などを考えており、当協会としても民有地(関係地主)の協力が得られるよう働きかけて参ります。
                               会長 山田忠昭

      
             川久保所長(中央)へ山田会長 以下役員と共に贈呈
東村山市防衛協会

 5月の総会では、東京都防衛協会創立50周年記念表彰状の伝達を実施すると共に、自衛官募集等のパンフレットを会員に配布して自衛官募集の支援協力依頼を行った。 
 8月の富士総合火力演習見学には、新会員及び市民から人選した40名が参加して島嶼防衛の部隊展開等を見学した。その帰路車中で当会の目的や活動状況等の説明をして入会を勧誘したところその場で6名が入会された。  個人会員募集は、年間を通してあらゆる機会を捉えて実施し、今年度は36名が入会した。
 また、法人会員の募集については、今年度の活動重点項目として役員会に諮り役員等に依頼し、会勢拡大に努めている。
 防衛意識の普及等広報活動の一環として、2月には都協会に講師派遣を依頼しロータリクラブで講演会を予定している。
 自衛隊に関する会員及び市民の見聞を広めるために防災航空祭等の部隊行事には積極的に参加するように傾注してきた。
                               会長 倉林辰雄
            
                 富士総合火力演習見学者一同

東京都防衛協会会報第6号(29.10.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
北区防衛協会

        
           東京都防衛協会創立50周年 記念祝賀会に出席する役員

 当協会は設立2年半 を経過したばかりの若 い組織ですが、会員数は当初 41 名で発足し8 月現在 53 名まで増加し ました。
 会員増強にあたって は商工会議所やロータ リークラブ等の財界人 を中心とした人脈を活 かし募集活動をしてい ます。各企業共規律正 しく各種資格を保有す る自衛隊退職者の採用 には非常に前向きなの です。
 5月には東京都王子 ロータリークラブ卓話 にて東京地域協力本部 北地域事務所長に自衛 隊や地域本部の役割に ついて講演していただ きました。更に大規模 自然災害に対処するた め行政・自衛隊との連 携を推進している一環として、6月には北区 防災シンポジウム(主 催:東京都隊友会北区 支部)に協賛し、北区 危機管理室長、国土交 通省関東地方整備局荒 川下流河川事務所防災 企画室長、陸上自衛隊 第1普通科連隊第2中 隊長に講演していただ きました。
 これからも活動内容 を更に充実させ、会を 発展させていく所存で あります。
                               会長 小俣雅宏  

狛江市防衛協会
         
         
                    射撃する各種火砲

 本年度は、第1師団 創立 55 周年・練馬駐屯 地創立 66 周年記念事業 をはじめ幾つかの事業 に会員、家族等参加さ せていただております。 特に年間例会の一環と して参加させていただ きました富士総合火力 演習では、初めて参加 する会員とともに改め てその火力の威力を実 感し、現在の我が国を 取り巻く安全保障環境 に於いては必要不可欠 であると再認識致しま した。
「我が国の平和と独 立を守り、国の安全を 保つこと」を使命とし て昼夜を分かたず職務 に精励する自衛隊の存 在は大変心強いもので ありますが、国民も自 ら危機感を持ち災害等 有事に対応する準備をしなくてはなりません。
 当協会では今後、公 開講演会の実施、市内 にある自衛官募集のポ スターの掲示拡大など、 市民に対しての事業も 実施し防衛意識の育成 強化に寄与するととも に、自衛隊を支援・協 力して参ります。
 最後になりましたが、 日頃の稼働に於いて、 東京都防衛協会澤山理 事長を始めとする理事・ 役員の皆様よりご助言・ ご協力を賜り感謝申し 上げます、ありがとう ございます。
                                事務局長 都築 完

日の出町防衛協会

       
                  陸自習志野駐屯地視察

 日の出町防衛協会は、 平成 16 年 10 月設立しま した。西多摩地域では 最も遅れて発足し、東 京都防衛協会傘下では、 30 番目の発足です。
 事業年度・会計年度 共に、設立の月に合わ せ、通常の年度と異な り 10 月1日から翌年の 9月 30 日までとして会 務が執行されています。
 活動方針は、防衛省 陸・海・空自衛隊の駐 屯地、基地及び部隊等 が実施する周年記念行 事等に積極的に参加し、 激励・支援し相互の協 力体制の強化推進を図っ ています。
 町が実施する総合防 災訓練等の事業にも積 極的に参加し、自衛隊 の協力を仰ぎ、自衛隊 並びに防衛協会のPR を行っています。当協 会独自の企画では、バ スで行く自衛隊施設見 学研修会の実施を年1 回、発足以来続けています。
 本年は、東京地本・ 福生募集案内所の協力 を得て、6月 16 日に陸 上自衛隊習志野駐屯地 を会員 33 人の参加で訪 ねました。午前 10 時か ら午後2時までの4時 間にわたる研修を実施 し、駐屯地の歴史、明 治から現在までの移り 変わりを丁寧に説明し ていただき、また、昼 食は隊食を体験し大変 好評で、大満足の1日 研修でした。
                               会長 嶋ア 明
目黒区防衛協会

        
             総会ならび時局講演会 佐藤正久現外務副大臣と

 日頃は東京都防衛協会はじめ、各支部の皆様に大変お世話になっております。またこの度は我が目黒区防衛協会紹介の機会を賜り心より感謝を申し上げま す。
 私達目黒区防衛協会は、平成26年3月に東京23区内の防衛協会としては、平成18年以来8年ぶりに設立をした、 まだ新しい歴史の防衛協会です。 我が目黒区には自衛隊目黒基地、三宿駐屯地の一部が所在し、各基地は勿論、東京地本五反田募集連絡所とも緊密な協力関係を保ち、日々「国民の防衛意識 の高揚」と「自衛隊に対する支援・協力」を目標に活動しています。
 地域の季節行事である夏の商工祭り、秋のめぐろのSUN祭りには、自衛隊の広報ブー スを支援し、三宿駐屯地で開催される盆踊りや観桜会といった各種行事にもお声掛けを頂き参加をさせて頂いております。
 毎年の総会・時局講演会では、一般の招待客を公募して実施し、 若宮けんじ前防衛副大臣にも顧問として参加 していただき会勢拡大を常に意識して活動中 です。
                            会長 小野瀬康裕       

東京都防衛協会会報第5号(29.7.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
昭島市防衛協会

 昭島市防衛協会青年 部は 55 歳までの規約の もと、136名のメン バーで運営させていた だいております。 主な活動内容といたしましては「防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする」を軸に、総会を始めいくつかの活動と親会の事業をバックアップするなどのお手伝いもさせていただいております。
 また、東京都防衛協会青年部会、全国防衛協会連合会青年部会が行う事業に参加をさせていただいております。 今、多くのメンバーに参加いただいておりますが、参加比率といたしましては、まだまだ 考えなければいけない 部分もありますが、一 歩一歩着実に数字を伸ばしていければと考えております。最後に、この活動を通じてメンバーとの横 の繋がりを大切にし、より良い活動をしていきたいと感じておりま す。
                             青年部部長 水村豊

       
                   東立川駐屯地周年記念会場  
国立市防衛協会
      
 当協会は昭和50年12月に発足し 41年になるが、この間他の防衛協会が行っていない特色ある事業を現在も継続している。
 その一つが防衛協会のPを兼ねた自衛 官募集』の大型看板設置で、現在市内に20カ所建てあり、それなりの効果を示していたものと思われる。市内から昨年度は9名今年度は5名の入隊者があった。
 もう一つは若い隊員の激励会で、会員の忘年会兼ねて、東立川・立川両駐屯地と府中・立川分屯両基地からそれぞれ若い隊員を2名ずつ招待し激励とともに記念品を贈呈して、会員とのコミュニケーションを図り好評を得ている。昨年まで忘年会40回・激励会25回を数えている。
 また、当協会は毎年度、日帰りで視察研修会を実施し、昨年度は立川分屯基地 の計らいで、東立川の航空装備研究所と横田の日米両基地の視察研修を実施し、昼食は米軍の食堂で喫食もした。 今年度は米海軍の横須賀基地を計画中である。
 その他当協会は近隣の東立川・立川両駐屯地と府中・立川分屯両基地の諸事業に積極的に参加協力しており、 特に東立川駐屯地の夏祭り・周年記念大会・暮れの餅つきの事業等は共催で実施している。加えて国分寺募集案内所に情報提供を心がけている。
                             (会長 佐伯 寛)

       

千代田・中央区防衛協会

 50周年記念イベントが多くの諸先輩及びOBの方々のお世話とご協力並びに会員皆様のご努力によって無事終えられたことに心から敬意とお祝いを申し上 げます。
 一方で我が国周辺の防衛環境につきましては会員の皆様はもとより全国民がそれぞれに懸念されている 今日この頃です。
 そのような中ですが、 板橋区防衛協会の瀬尾会長及び柴田広報担当理事のご紹介により、秋田耕治郎氏(神田三 崎町において秋田会計事務所経営)が当協会の会員に加わっていただくことになりました。
 千代田区及び中央区に お住まいでなくても、勤務地の都合上当協会へご興味のある方には忌憚のないご意見やご要望をお寄せいただき、できれば入会していただきたい、と思う次第です。
 会員の皆様のご協力 ご助力を戴きながら、 結成時の初心に戻って努力を積み重ねていきたいと思いますので今 後とも宜しくお願い申 し上げます。
                             会長 中谷 照

        
                  第1師団創立記念祝賀会にて  

瑞穂町防衛協会

 私たち瑞穂町防衛協会は5月23日に今年度の総会を開催し、新年度の事業や予算を決定 しました。
 総会は盛会でしたが、やはり気になるのは、年々、会員 が減ってきていることです。高齢化や若い人たちの加入がないことが原因です。
 しかし、会員の減少は、それなりに理由のあることです。 自衛隊の発足したてのころは、多くの国民 は、先の大戦の苦い経験から、自衛隊の存在を認めようとはしませんでした。つまり、自 衛隊、そして自衛隊員 は白眼視の対象だったのです。
 でも、今は違います。 90%以上の人々 が自衛隊の存在を認知しています。つまり、ことさら自衛隊への支援を、声を大にして訴える必要性は薄れてき たのでしょう。
 しかし、この国の安全保障を考えるとき、 今の自衛隊を取り巻く環境は、決して万全な状況ではありません。 防衛協会の役割は少し も小さくなってはいないのです。このことを私たちは訴え続けるべきだと言えましょう。
                         会長 吉岡 忠

        
      

 東京都防衛協会会報第4号(29.4.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
奥多摩町防衛協会

          
               奥多摩町ふれあい祭(H27.10.31)

 奥多摩町防衛協会は、平成9年5月18日に「災害なき平和な明るい町づくり」をモットーに創立し、今回創立20周年を迎え「創立20周年記念誌」を発刊し記念事業といたしました。 
 現在奥多摩町は少子高齢化・過疎化の状況下、当協会においても会員数の大幅な減少から財政面や運営面において大変厳しい状況となっており、反面当町の急峻広大な山岳地形や地球温暖化を原因とする大雪、台風、南岸低気圧等による気象災害や、大地震や山火事等の懸念もあり、防災環境は益々厳しい状況となっております。  
 このような中5年前より「和と絆」の言葉を胸に刻み活動し、自衛隊事業・式典等の参加はもとより、当協会独自の「会報誌発行」、「町ふれあい祭参加」、「菊づくり・まんじゅうづくり等の生涯学習」などを積極的に推進実施し、4年前の歴史的な大雪災害では災害派遣された自衛隊隊員皆様へ心のこもった手づくりの「まんじゅう」を差入れ話題となりました。  
 今後も会員間の親睦交流、地域貢献や交流活動、高齢化に伴う健康づくりなど身の丈に合った活動を実践し、防衛防災の意識向上や啓発に努めて参りたいと思います。
                           会長 石田芳英
清瀬市防衛協会
            
           
                 平成27年度総会(H28.6.20)

 清瀬市は池袋から西武池袋線で約30分の位置にあり、農地や緑の多い閑静な地域にて豊かな自然に恵まれ、「水と緑」を主旨として市民の皆様や関係機関との連携・協働により、街の個性に磨きをかけ、魅力ある街づくりを進めています。  
 このような環境の中、平成元年4月に当協会は設立し、本年3月に28年となりますが、当初より数年間、地域の活性化および行事への積極的参加も踏まえて、会勢の拡大は存続して参りました。しかしながら少子高齢化・過疎化の波は次第に当清瀬市にも押し寄せ、状況の変化により年々会員数の減少は余儀なくされてきた次第です。 
 毎年会員の募集はしておりますが、残念ながら若い会員の入会は殆どありません。会員増強の一環として、東京地方協力本部国分寺案内所の協力・紹介により、会員との親睦を図るため各駐屯地および基地を見学・訪問予定で防衛意識の普及高揚と育成強化に寄与する所存です。  
                      事務局長 小川公彦
渋谷区防衛協会

           
                   UHー1J体験搭乗

 こんにちは渋谷区防衛協会です  創立から3年も経過しましたのに、まだまだ体制が十分に整わず、もっとしっかり頑張らねばと日々自戒している渋谷です。
 自前で講演会を開催したいと昨年来考えておりますが、なかなか具体化出来ない中、今年は現代の安全保障講座をはじめ東京都防衛協会の事務局からご案内いただく、各種の講演講座に会員非会員を問わず多くの方々をご案内引っ張っていこうと考えております。  
 日本を取り巻く安全保障環境、一般的に信じられている種々の歴史認識、私たちになじみの薄い宗教とその宗教を信じる人々の行動、色々な民族のおかれている新聞に載ることの無い様々な状況など、知らなかったもしくは関心が無かったことを知ることが私たちを大げさに言えば覚醒させることに気がついたのです。
 何を今更とのご指摘もあると思いますが、会員の意識変革、新規会員の獲得につなげていきたいと思っております。
                         渋谷区防衛協会 会長 関口 充
豊島区防衛協会
              
                 吉村辰明会長

 我が国は、国際情勢が激変する時代にあって国際社会と手を携えながら、平和国家としての歩みを、更に力強く進めてきました。 
 「国民のための自衛隊」創設以来この確固たる理念とその身を持って、実践されている隊員の皆様に、改めて敬意を表する次第であります。
 戦後、平和国家の道を歩んできました。そこには隊員諸君の存在があったればこそ、国民は、平和と繁栄を享受することが出来ます。
 私どもの命と平和な暮らしは、間違いなく、彼らの献身的な努力によって守られています。これらの任務を、高い使命感と責任感で全うする自衛隊は日本国民の誇りであります。
 そして、大切な伴侶やお子様、ご家族を隊員として送りくださっている皆様に心から感謝申し上げます。
 彼らがしっかりと任務を遂行できるよう、私ども防衛協会も万全を期することをお約束いたします。
武蔵村山市防衛協会

            
              第5回武蔵村山市防衛協会理事会 藤野市長を迎えて

 東京都防衛協会は、創立50周年記念式典(平成29年2月9日明治記念館)を開催することが出来ましたことを、お祝い申し上げます。  武蔵村山市防衛協会は、平成24年5月に設立し、今年で5年になります。  
 本年は役員に、武蔵村山市長を名誉会長に迎え、益々の会員増強を図り、組織の拡充を計りたいと思います。 また、周辺自衛隊の行事及び東京都防衛協会の事業に積極的に参画して参ります。  
 まず、滝ケ原駐屯地創立記念行事、富士総合火力演習、市内横田基地「日米友好祭・航空自衛隊まつり」、自衛隊音楽まつり、立川駐屯地花火鑑賞会、練馬駐屯地記念式典等々の事業に参加し、「防衛意識の高揚、自衛隊の活動への支援・協力」を、更に発展して参りたいと思っております。  
                              会長 木場陽介
      

 東京都防衛協会会報第3号(29.1.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
あきる野市五日市地区防衛協会

           あけましておめでとうございます。  
 皆様のおかげで皇紀二六七七年の新春を無事に迎えることができました。  
 あきる野市五日市防衛協会は今年で創設47年目を迎えます。会員数の減少が続いていましたが、昨年は30代以下の若者が20名ほど加入していただき、活気ある総会を開催することができました。  
 活動状況は、5月の定期総会・防衛講話・懇親会に始まり、富士総合火力演習等の自衛隊の行事研修・見学に参加しています。  
 また、あきる野市主催の防災訓練には第一施設大隊、福生募集案内所、秋川地区防衛協会と、市産業祭には福生募集案内所、秋川地区防衛協会とともに参加し、自衛隊の活動状況紹介、募集支援、会員勧誘を行っています。
 今後も、近隣防衛協会と協力して自衛隊・自衛官の応援団として取り組んでいきますので宜しくお願いします。
                         事務局長 青木謙二

        
             市主催防災訓練時の隊員募集及び会員募集
世田谷区防衛協会

 弊会平成28年度定期総会は6月17日(金)区内スカイキャロットで開催された。   
 執行部提出全議案承認、任期満了に伴う会長選任は、現会長熊本哲之氏が選出されました。
 引き続いて、東京都防衛協会理事長、澤山正一元陸将の「災害派遣について」の記念講演で、長崎県普賢岳噴火、福岡県沖地震当時、災害派遣司令官として 「自らの身の危険を顧みず村民と県民の生命と安全を守る」という生死を伴う任務に、「全隊員が一歩前へ」その強い信念と使命感に満ちた姿に災害派遣隊編成を決断した心境を語られた。
 会場は暫し静寂、そして感動が沸き上がった。  その後の懇親会には来賓として最高顧問堀江正夫元陸将、世田谷区板垣副区長、千先康二自衛隊中央病院長、松木泰憲陸自衛生学校長、山崎 眞元海将、江口英孝陸自用賀駐屯地司令、植田哲生海自東京音楽隊副長、他、多数参加を頂き大変意義深い会となり、和気藹々のうちに中締めとなった。
                                 幹事長 小畑敏雄

      

八王子市防衛協会

 すっかり秋の装いとなった「高尾山」の麓、多摩、武蔵野両御陵に続く甲州街道いちょう並木沿道で開催される一大イベント「八王子いちょう祭り」。  
 八王子市防衛協会では回を重ねて37回を数えるこの催しに今回も参加いたしました。 
 毎回2日間の期間中に50万人以上の来場者で賑わう会場において、警備隊区部隊である陸上自衛隊第1施設大隊第2中隊、近隣の航空自衛隊横田基地作戦システム運用隊、東京地本八王子地域事務所のご支援、ご協力を得て、各種車両並びに装備品展示、募集広報、グッズ販売などを実施しました。
 更に今回は横田基地で活動されておられる“よさこい”チーム「蒼空会」にもご参加いただきました。
 初日の11月18日は生憎の雨模様で人出が心配されましたが、翌19日は一転、汗ばむほどの好天に恵まれて2日間で延べ49万人(行委員会発表)の来場者を集め、盛況のうちに幕を閉じました。
                                会長 森上秀男

       
東村山市防衛協会

 東村山市防衛協会は、倉林辰雄新会長の下、組織拡充に当たり、先ず会員の増員が喫緊で、かつ最優先であると考え、多方面に会員募集を働きかけて、今年度新会員320名の入会を獲得した。
 また、執行体制を見直し総務部及び事業部を新設し、人事を刷新し、国会議員、市長及び都議会議員等を顧問等に追加委嘱し、諮問機関の充実を図ると共に、市議防衛連盟の結成を働きかけ起ち上げて、なおかつ、市議を役員に委嘱して、地元とより一層の連携の図れる新体制を確立した。
 総会は126名が出席し、木原誠二前外務副大臣に「外交と防衛問題」、澤山正一東京都防衛協会理事長に「自衛隊員の災害派遣」について講演をお願いして、会員等の見聞を広めた。      
 また、富士総合火力演習、立川防災航空祭、観閲式は、新会員・市民を中心として例年の倍以上の人数が見学して理解を深めることができた。今後は、会員ファーストの原点に立ち返って、より一層の活性化・目的達成に繋がる地道な活動に努める所存である。
                          事務局長 藤ア文夫
                
                      立川防災航空祭
福生市防衛協会

             明けましておめでとうございます。
                    福生市防衛協会
 皆様にはご家族ともどもお健やかに新年を迎えられたことと、心よりお慶び申し上げます。  
 東京都防衛協会は昨年創立50周年を迎えられ、誠におめでとうございます。
 当会は、昭和43年に福生町自衛隊協力会として発足。来年度は記念すべき50周年を迎えることになり、更に発展に努めてまいります。
 最近の活動状況を紹介いたします。
 平成28年6月25日(土)、28年度総会を開催し、福生市長加藤育男氏をはじめ多くの方々のご臨席をいただき、本会に対するご支援のご挨拶をいただきました。
 平成28年9月17・18日には市内横田基地にて『日米友好祭』が開催され、多数の人で賑わいました。18日には同会場内にて「航空自衛隊横田まつり」が開催。横田まつりは、平成24年に横田基地内に航空総隊が移転して以来、毎年開催されています。日米友好踊り(盆踊り)には福生市防衛協会女性部に瑞穂町防衛協会女性部を合わせた総勢50名が参加、自衛隊員や米軍、来場者の皆様と一緒に福生音頭などを踊り友好を深めました。                            会長 山崎皓久
       

 東京都防衛協会会報第2号(28.10.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
板橋区防衛協会

 6月 22 日( 水 )午後5時30分より板橋区防衛協会の第17回総会・懇親会が、区立グリーンホールに於いて開催された。
 総会は、木村忠義副会長の司会、高田修副会長の議長により滞りなく終了し、役員改選は全員留任となった。
 懇親会に入り、高山哲夫理事の司会により、国歌斉唱のあと、瀬尾会長より、総会でも質問のあった会員増強に関し、全力で取り組んで参るとの挨拶があり、来賓祝辞に移った。
 陸上自衛隊第一師団は、首都圏の防衛が本来の任務であるが、熊本地震に派遣されたように、全国に目を向けて対策をしてゆくという第一師団副師団長兼ねて練馬駐屯地司令藤岡登志樹陸将補、自衛隊の最大の任務は国防という佐藤正久参議院議員、都議会議員を代表して河野ゆうき都議会議員、参列区議会議員総勢23名を代表して杉田ひろし区議会議長、板橋区長代理の久保田義幸防災危機管理室長の祝辞があり、澤山正一東京都防衛協会理事長の乾杯の音頭で歓談に入り、柴田純一理事の中締めで大盛会のうちに散会となった 。
                                 会 長 瀬尾正弘

        
                   総会で挨拶する瀬尾会長
品川区防衛協会

                品川区に防衛協会結成!

 6月8日、品川区に防衛協会が設立されました。当日は、品川区の「きゅりあん」イベントホールにおいて午後6時30分から発足式が行われ、初代会長として狩野享右氏はじめ主要な役員が選出されました。
 来賓として東京都防衛協会から澤山正一理事長、東京地方協力本部から坂下誠五反田募集案内所長、地元から曽田健史災害対策担当部長、区議会議員等及び60名を超える会員が出席する中、狩野会長の就任挨拶及び来賓の祝辞に引き続き懇親会が開催され、当協会の設立をお祝いし、今後の活躍に大な期待を寄せる等和気藹々とした雰囲気の裡に、当協会として活動の第一歩を踏み出しました。
 昨今の厳しい国内外情勢の中、東京都防衛協会の37番目の地区協会として当協会が発足されたことは極めて意義深く、狩野氏を会長とする当協会のこれからの活動に大いに期待したいと思います。
                              ( 常任理事 渡邊 元旦 )
         
                      就任挨拶する狩野会長
西東京市防衛協会

 西東京市防衛協会は、昭和56年(1981年 )に発足し、平成13年の田無市と保谷市の合併に伴い、現在の名称に変更し、約400名の会員数を有していま。
 私たちは国防の重要性を認識し、防衛意識の普及高揚を図るため、年間を通して数々の事業を行っております。本年度は、5月7日に「第36回定期総会」、5月30日には、航空自衛隊入間基地部隊見学会を西東京隊友会と合同で開催し、8月25日には富士総合火力演習見学会に参加いたしました。
 今後、音楽まつりへの斡旋、西東京市民まつり、防災訓練への参加、四市賀詞交歓会等を予定しています。
 高齢化社会で会員数の減少が進む一方、各事業への積極的な参加が増えており、自衛隊への信頼と関心が高まり、次代を担う若い世代の会員増強にも成果を上げております。
 これからも私たちは、東京都防衛協会をはじめ、近隣市防衛協会との連携を密図りながら、東アジアの軍事的脅威にも臆することなく自衛隊への後方支援に努めて参ります。
                               会 長 山 田 忠 昭
         
                    空自入間基地研修
羽村市防衛協会

 自衛隊の応援団として機能するためには会員相互の親睦があってこそ成り立ちます。そのためには、なんと言っても「呑む」+「コミュニケーション」、即ち「ノミュニケーション」が一番です。
     この一年を振り返ってみますと、羽村市防衛協会の行事には「ノミュニケ―ション」が多いのです。
●10月「習志野駐屯地研修」:部隊食を体験後の帰りのバスで・・・ノミュニケーション
●12月「忘年会」:一年で一番お酒を飲む日・・・ノミュニケーション⇒ハワイアンダンサーが登場、「踊り子さんの体を触らないように」と注意
●1月「新年賀詞会」:自衛隊OBの方による「新春防衛講話」が終わる頃にはお腹も空き、喉も渇き・・・ノミュニケーション⇒BINGOゲームで「羽村米」など景品多数、「飲みたい放題、払いたい放題」で赤字
●6月「定期総会」:議案への質疑応答もなく役員ほっとし、直ちに・・・ノミュニケーション
●7月「納涼:格別に暑い日でした・・・ノミュニケーション⇒ベリーダンサーの「腰振る街角」で、鼻の下が伸び放題
●8月「富士総合火力演習」:帰りのバスではやっぱり「ノミュニケーション」 ・・・かくして会員間の懇親が図られ強力な自衛隊応援団になるのです。
                                会計 濱本 嶺生
        
                  ベリーダンサーとの記念写真
三鷹市防衛協会

         
              田沢所長の防衛講話

 6月26日(日)、三鷹市防衛協会では第13回定期総会を三鷹市公会堂さんさん館にて開催しました。
 来賓には東京都防衛協会の澤山理事長をはじめ、西東京市防衛協会・山田会長、武蔵野市防衛協会・森田事務局長、三鷹市自衛隊保護者会・市川会長、そして今回の総会で初めて三鷹青年会議所から森田理事長に参列をいただきました。
 金井富雄会長の再任等、無事にいくつかの議案の承認を得た総会に続き、恒例の防衛講話を、西東京地域事務所所長の田沢一尉にお話しいただきました。
 募集に関わる四方山話しのなかで、課題や入隊希望者の情報提供の有効性など、普段、市民には知られていないような事柄をお話しいただき、会員には自衛隊への協力の更なる重要さが意識できたことと思います。
 その後の懇親会では、約40名の出席者が食卓を囲み、和やかに話しの輪が広がりました。
会長 金井 富雄       

 東京都防衛協会会報創刊号(28.7.1)特集記事
活動最前線! 地区防衛協会コーナー
青梅市防衛協会

 東京都防衛協会会報の創刊、誠におめでとうございます。
 國の平和と安全を護る崇高な任務と、国際平和貢献、多発する自然災害等に出動し、身を挺して活躍する自衛隊に、心から信頼と感謝の念を捧げます。
 当会は昭和39年の創立ですが、この間、平成2年に当地出身の故石川要三代議士が防衛庁長官に就任。当時は会員数も現在の約3倍を擁し素晴らしい運営がなされておりましたが、高齢化社会の到来と共に会員の減少が進み現在は約千名で、会員拡充に努めております。
 平成27年は創立50周年記念式典を挙行、記念誌の発刊、海上自衛隊東京音楽隊の「ふれあいコンサート」等を開催し、市民に防衛協会の存在を周知出来たことは欣快の至りです。
 この度東京という身近な視点の下で編纂される会報が、自衛隊を正しく理解し協力を強める絆となるようご期待申し上げます。
                             会 長  伊 東 庸 行
               
               東京音楽隊隊員とともに東京音楽隊隊員とともに
狛江市防衛協会

 我が国をとりまく安全保障環境が劇的に変化する今日、狛江市に防衛協会を再び作ろうと、市内在住の元狛江市防衛協会会員、現東京都防衛協会会員の皆様から声が上がり、東京都防衛協会よりご助言・ご協力を賜り、平成27年9月5日の設立総会開催に至りました。
 立ち上げは50名程度の会員数でのスタートでしたが、現在は60を超える法人会員・個人会員にご賛同を頂き、平成28年4月2日「平成28年総会」を開催致しました。
総会後は元自衛隊富士学校長・石飛勇次様にご講演を賜り、我々がまだまだたくさんのことを学び、そのことを正しく隣人に伝えて行かなければならないと痛感いたしました。
 また、「海上自衛隊横須賀総監部見学研修会」の開催、「海上自衛隊練習艦隊 体験航海」への参加等様々な活動を通して会員の交流、自衛隊の日頃の訓練等への理解を深めることができました。
 これからも東京都防衛協会と連携し、防衛意識の普及高揚を図リ、防衛意識の育成強化に寄与するとともに、自衛隊を支援・協力して参ります。
                                会 長 栗 山 欽 行
                
                      講演中の石飛氏
杉並区防衛協会

 東京都防衛協会の創立50周年と東京都防衛協会会報の発刊をお祝い申し上げます。
 自衛隊は1950年の警察予備隊発足から66年の年月が経ちました。当初は大変なご苦労があったと聞いています。
  しかし現在の自衛隊に対する国民の好感度は92.2 %に達しています。災害派遣での活躍に多くの国民が感謝した結果だと思います。
 ただ、本来の任務は国民の生命・財産を守る国土防衛です。日夜訓練し有事への万全な備えをしていますが、残念ながらその法整備は誠に不十分で、自衛官は両腕を縛られた状態で任務にあたっています。
 国内にいる反日勢力に政府も遠慮しているように思われます。今後は国軍になり、その呪縛から解き放され、よりグローバルに活躍できる体制にし、更には自衛官が誇りを持って行動できる、そんな活動を我々は進めて行きたいと思います。
                                会 長  川元 賢一郎
             
               総会で挨拶する川元会長総会で挨拶する川元会長
立川市防衛協会

 立川市は、昭和15年に立川町から立川市に市制が施行され、面積25平方kmに対し人口18万人が住む人 密度が高い街となっている。市内中央部に陸上自衛隊立川駐屯地、東側には東立川駐屯地、西側には航空自衛隊横田基地と狭い市内に三つの基地が存在した自衛隊基地の街である 。
 立川の歴史をたどると立川駐屯地は、大正11年に立川飛行場が開設され陸軍飛行第5大隊が移設された。戦後、米空軍が駐留し基地の街として歩んできた。その後 、昭和47年に日米共同使用となり、東部方面航空隊の移駐を経て昭和52年に全面返還され、立川駐屯地、南関東防災基地、国営昭和記念公園に分割され、現在のように変貌を遂げてきた。
 市民の間には、この頃より自衛隊を応援する4つの団体(立川防衛協会、自衛隊後援会、青年自衛隊協力会、自衛隊協力会)が発足し、その活動が活発展開されていた。その後、多くの市民の要望により4団体を統合し昭和56年4月、立川市防衛協会として初代故高嶋幸一氏が会長に就任し 2代目故若松貞一氏、3代目故草野忠正氏、4代目鳴島勇一会長と引継がれ、先人達の努力が今日に至っている。
 統合創立以来35年、東京都防衛協会と当協会は、市民の防衛意識の普及高揚を図ることにより、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊への支援協力を通じてわが国の平和と安全・繁栄に貢献すべく努めて参りました。お陰様で市民の防衛意識も高まり、組織も本部、各支部、女性部、青年部と年々拡充しつつ自衛隊協力団体として発展しております。
 今後とも、自衛隊基地の街として近隣防衛協会と絆をさらに深めるととも 、協会の活性化を図って参ります 。
                               会 長 滝 島 秋 生
             
                   平成28年度総会(H28.5.21)
日野市防衛協会

 この度 、日野市防衛協会会長に就任致しましが 、まさかの一念でございます。副会長の皆様方の訪問を受け、役職の申し出が御座いましたが私の多職の折からと、お断りの意を示したところでありますが、役員及び会員の皆様方の協力の元での了承をとの事でお受けすること 致しました。
  受諾した以上は、役職に専念するとともに、防衛 関する知識の向上や関係団体への協力を推進してまいります 。
 最近では、東日本大震災や熊本地震などを契機に、防衛省・自衛隊・日米共同に対する信頼が高まり、自衛隊を容認する意識の高揚がみられているなか、日野市防衛協会の会勢の拡大のため役職員は勿論、一般会員の力も借りて会員増強も図 っ て ま い り ま す 。
  通年の活動は、女性部・青年部とともに例年同様進めてまいりますが来年度は、創立五十周年にあたる節目の年でもあります。会員とともに素晴らしい記念事業を迎える為に、準備を進めてまいります。
 今後とも宜しく申し上げてご挨拶とさせていただきます。
                               会 長  土方 尚功

               
                       土方尚功新会長

武蔵野市防衛協会

 わが国の平和と自由・国民の生命と財産を守り、先祖より受け継いだ美しい祖国日本を次の世代に伝え残すためには、自衛隊の精強を図り防衛体制を確立することが肝要ですが、何よりも重要なことは、国民・市民の愛国心が高揚され、国を守る気概が振起され、それによりはじめて自衛隊に対する理解認識も深まり、物心両面にわたり温かな支援ができるものと思います 。
 武蔵野市防衛協会は、防衛意識の普及高揚・自衛隊の理解と健全なる発展に寄与する運動、併せて青少年の健全な育成に関する動きが活発に展開されてきています 。
 武蔵野市防衛協会は、平成14年10月に創設しました。平成20年10月には青年部、平成23年2月には女性部が発足しました。
 平和と安全を守るために、自衛隊の活動を支援すること、そして私たちのできることは何か?みんなで考え日本の国防・安全・安心への学びを推進したいと考えます
 また東京地方協力本部西東京地域事務所管内四市(西東京・小金井・三鷹・武蔵野)の防衛関係団体(防衛協会・隊友会・自衛隊父兄会・自衛官募集相談員会)の交流を図るべく新年賀詞交歓会を平成19年に立ち上げました。
 本年は10年を迎え、去る2月14日に開催しました。この行事は四市の防衛協会が輪番制で幹事を司り、本年は武蔵野市防衛協会が幹事を務めました 。
                              事務局長 森田 晴雄
          
                平成28年賀詞交歓会平成28年賀詞交歓会