本文へスキップ

東京都防衛協会は、防衛意識の普及高揚を図るとともに、自衛隊を激励支援してその充実発展を助長し、わが国の平和と繁栄に寄与することを目的とした民間の組織です。

TEL. 03-6280-8427

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

健康教室楽しい健康教室!

●平成28年7月1日から、東京都防衛協会は、全国防衛協会会報から独立して「東京都防衛協会会報」を発刊しています。各地区協会に係わる記事は、それぞれの地区紹介各ページに掲載し、ています。
●防衛協会会報の東京都関連記事記事を、会報の号ごとに掲載しています。なお、各協会に関連する記事は、地区紹介ページにも併せて掲載しています。

平成28年 平成29年 平成30年
平成30年
健康教室
                      東京都防衛協会会報第10号(30.10.1)掲載

        良性発作性頭位めまい症について

              

 ぐるぐると目が回ったり、体ふらつくといっためまいを体験したことがある方は決して少なくないのではないでしょうか。めまいの原因となる病気の半数以上は耳鼻科の病気といわれています。
 今回はめまいを起こす耳鼻科の病気の中で、最も多い良性発作性頭位めまい症についてお話しをしたいと思います。
 良性発作性頭位めまい症の症状は布団から起き上がったり、靴紐を結ぶためにかがみこんだりするなどの頭を動かした際にぐるぐると目が回ったり、体がふらふらしたりするめまいです。
 めまいの発作は通常、数十秒から数分で治まります。症状はめまいのみで耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りがひどくなるような症状は伴いません。この病気は女性、高齢者、運動不足の人、頭部に衝撃を受けるようなスポーツ等を行っている人が発症しやすいといわれています。
 ではなぜ、このような病気が生じるのでしょうか。我々の耳の奥には内耳という器官があり、この内耳の中に耳石器と呼ばれる部位があります。耳石器には炭酸カルシウムでできた耳石という小さな石がたくさんあり、体が傾いたり、動いたりする際に、この耳石が一緒に動くことで、どのくらい体が傾いたのか、どのくらいの速さで体が動いているのかを脳に伝えています。
 耳石は耳石器で作られ、古くなった耳石はカルシウムとして血液中に溶けて処理されます。この耳石がうまく処理されずに、剥がれ落ちたりして平衡感覚をつかさどる三半規管に誤って入ることでこの病気が生じるのです。良性発作性頭位めまい症が、中高年の女性に多い理由としてホルモンバランスの乱れにより耳石がはがれやすくなると考えられています。また、同様に頭部への衝撃も耳石がはがれる原因の一つとして考えられています。治療法としては剥がれ落ちて三半規管に入ってしまった耳石を元の位置に戻す理学療法があります。また、めまいやそれに伴う吐き気などの症状が強い場合は薬物療法を行うこともあります。
 最後に、めまいの発作が起きたときに大切なことはあわてないことです。転倒しないよう注意しながら、座れる場所や横になれる場所へ移動し、楽な姿勢で休んでください。また、激しい頭痛や舌のもつれ、物が二重に見えるなどの症状が出た場合は脳の病気から来る危険なめまいの可能性がありますので、救急車を呼び、一刻も早く病院に向かってください。
             陸上自衛隊衛生学校 耳鼻咽喉科 姫野哲宏
健康教室
                    東京都防衛協会会報第8号(30.4.1)掲載
平成29年
健康教室
                      東京都防衛協会会報第6号(29.10.1)掲載
健康教室
                      東京都防衛協会会報第4号(29.4.1)掲載
平成28年
健康教室
                   東京都防衛協会会報第2号(28.10.1)掲載