本文へスキップ

東京都防衛協会は、防衛意識の普及高揚を図るとともに、自衛隊を激励支援してその充実発展を助長し、わが国の平和と繁栄に寄与することを目的とした民間の組織です。

TEL. 03-6280-8427

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(三鷹)三鷹市防衛協会の紹介

沿 革 主要役員 活動紹介

沿 革
区  分 設立時期 名     称 備    考
地区支部 平成16年11月28日 三鷹市防衛協会

主要役員
区  分 氏  名 備     考
会  長 金 井 富 雄 東京都防衛協会理事
副会長 中 山 和 政
箕 輪 尚 文
事務局長 渥 美 典 尚

活動紹介
会報4号特集 散歩道「名所・名店」

                                東京都防衛協会会報第4号(29.4.1)掲載
              

  
     ジブリ美術館            ジブリバス停         太宰治文学サロン

 地方のひとに「三鷹市」とはと聞くと、先ず「三鷹の森ジブリ美術館」の名前が上がります。  
 ジブリ美術館は、井の頭恩賜公園内に2001年10月、市立の美術館として開設されました。以来、日本各地からはもちろん、館内では外国語が飛び交うほど海外からの来訪者も集まっています。開館から15年を経て、本年1月には来館者数累計一千万人を突破しました。  
 宮崎駿氏が構想を練った建物と内装、展示物はまさにジブリワールド。建物を構想した際のラフスケッチはほぼそのまま再現されており、設計や施工した会社の苦労が感じ取れます。ステンドグラスや壁画、階段の欄干や照明具などの内装品や常設の展示物には、訪れる度に新たな発見があるほど趣向を凝らしたものとなっています。  
 ここでしか見ることの出来ないオリジナル短編映画が9作品創られており、館内の「土星座」で月がわりで上映されていて、ジブリファン垂涎の的となっています。三鷹の名所、世界のジブリ。一度、ご来訪あれ。  
 さて、三鷹といえば「太宰治」という声も聞こえます。 太宰は昭和14年9月から昭和23年6月まで三鷹で暮らし、「走れメロス」や「斜陽」「人間失格」等の名作を三鷹から送り出しました。太宰が通った駅前の酒屋の跡地には三鷹市が「太宰治文学サロン」を設けています。
また駅の南にある禅林寺には太宰の墓所があり、毎年6月19日の桜桃忌には大勢の太宰ファンが訪れます。  太宰が愛し暮らしたまち、三鷹です。   
                                          事務局長 渥美典尚

会報2号特集 活動最前線

                               東京都防衛協会会報第2号(28.10.1)掲載
           活動最前線!「地区防衛協会コーナー」
            
                     田沢所長の防衛講話

 6月26日(日)、三鷹市防衛協会では第13回定期総会を三鷹市公会堂さんさん館にて開催しました。
 来賓には東京都防衛協会の澤山理事長をはじめ、西東京市防衛協会・山田会長、武蔵野市防衛協会・森田事務局長、三鷹市自衛隊保護者会・市川会長、そして今回の総会で初めて三鷹青年会議所から森田理事長に参列をいただきました。
 金井富雄会長の再任等、無事にいくつかの議案の承認を得た総会に続き、恒例の防衛講話を、西東京地域事務所所長の田沢一尉にお話しいただきました。
 募集に関わる四方山話しのなかで、課題や入隊希望者の情報提供の有効性など、普段、市民には知られていないような事柄をお話しいただき、会員には自衛隊への協力の更なる重要さが意識できたことと思います。
 その後の懇親会では、約40名の出席者が食卓を囲み、和やかに話しの輪が広がりました。
会長 金井 富雄

全国会報特集 東京都特集

                                  防衛協会会報128号(26.10.1)掲載

 三鷹市防衛協会は創立10周年を迎え、7月21日に創立10周年記念式典を開催いたしました。式典には、三鷹市長・清原慶子氏、東京都防衛協会常任理事・廣P清一氏、近隣防衛協会会長を始め多くの来賓、会員の皆様にご出席いただきました。
 また、当協会では、2月16日と6月15日の二回、東日本大震災自衛隊派遣の記録映画「絆、キズナノキオク」の上映会を三鷹市公会堂さんさん館にて開催いたしました。日頃より自衛隊活動にご理解いただいているかたはもとより、お子様連れでのご来会もあり、本上映会の意義を感じていただいたものと考えます。  
 このような活動を通し、当防衛協会では自衛隊への理解と支援、協力を三鷹市内に更に大きく広げられるよう今後も積極的な活動をしていく所存です。
                                  三鷹市防衛協会 事務局長 渥美典尚

       
                  挨拶する箕輪尚文副会長

4市合同賀詞交歓会

                                  防衛協会会報126号(26.4.1)掲載
           4市防衛協会合同
          

 平成26年2月22日、四市(小金井市・西東京市・三鷹市・武蔵野市)の各防衛協会は、自衛隊西東京地域事務所の躍進と関係自衛隊協力団体の交流を深めるため、久松(東京都武蔵野市)で恒例の賀詞交歓会を開催した。

全国会報特集 東京都特集 活躍する各防衛協会

                                  防衛協会会報120号(24.10.1)掲載

 三鷹市防衛協会(吉野博明会長)では6月29日、清原三鷹市長をはじめ多数の来賓の臨席を得て第9回定期総会を開催しました。  
 総会のなかでは、西東京地域事務所長・中川1等陸尉による自衛隊の災害派遣についての御講演もいただき、自衛隊の重要な活動を学びました。
 東日本大震災での自衛隊の支援活動での活躍は防衛協会への関心も同時に高めていただき、自衛隊の後援をする団体として意義ある結束を確認いたしました。  
 昨年度、三鷹市防衛協会では、東日本大震災被災地への募金も行いました。総額21万円余の御厚誼が会員から寄せられ、日本赤十字社を通じて被災地へ役立ていただけるようお届けしました。思っていた以上の金額に役員も驚いた次第ですが、これも国民を思う熱い思いが会員の皆さまに秘められている証といえましょう。  
 ここ数年、三鷹市防衛協会では、総合火力演習バスツアーを実施する他、都防協より頂戴する各事業のチケットを会員に配布するなど行っておりますが、今後は三鷹独自の事業も企画し、会員の啓発や所属するメリットに繋がるよう励んでいきたいと思っております。

4市合同賀詞交歓会


 自衛隊東京地方協力本部の西東京地域事務所(高橋喜美所長)管内にある西東京市防衛協会(山田忠昭会長)、小金井市防衛協会(土屋一治会長)、武蔵野市防衛協会(井口秀男会長)及び三鷹市防衛協会(吉野博明会長)は、平成21年2月21日、隊友会等防衛協力団体と合同で賀詞交歓会を武蔵野市内の「久松」で開催した。  
 山田会長の開会宣言ではじまり、吉野会長が担当協会として主催者挨拶を行った。続いて、泉都防衛協会事務局長、深山都隊友会長及び高橋所長から来賓祝辞。  
 その後、藤本眞介三多摩地区隊長が「募集の心構え・鬼の十訓」の演題で記念講演、関係者一同感動を新たにした。交歓会は貴重な意見交換の場で有意義であった。  

         

全国会報紹介 北方領土返還要求行進に参加

                                     防衛協会会報105号(21.1.1)
                 北方領土を取り戻そう
   

 防衛協会は20年12月1日、「北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会」(構成団体:根室市、別海町、中標津町、標津町、羅臼町)が主催した「平成20年度北方領土返還要求行進アピール」に参加した。
 12月1日は、63年前の1945年に安藤根室市長(当時)がマッカーサーに初めて返還要求をした日である。
 約500名が京橋プラザ区民会館(東京都中央区)に集合して出発式を行った後、12時に同会館を出発した一行は、銀座桜通りから外堀通りに数寄屋橋周辺を通って銀座日航ホテル前から日比谷公園までの約2qを行進。
 防衛協会からは大串・渡邊・廣瀬各常任理事及び現前事務局長・局員、並びに千代田・中央、昭島市、清瀬市、三鷹市及び奥多摩町防衛協会会長等22名が参加した。